乗船した太平洋フェリー「いしかり」についてまとめる

NW-F885にアプリを入れて、航行中にGPSのログを記録した。
航路をGoogle Mapを使って表示する。
太平洋フェリー いしかりの航路と見どころ・イベント 仙台→名古屋 2015年09月29日~30日
航路をクリックすると、その位置を通過した時刻と速度を表示する。

地図に示して初めて知ることがある。
  1. 船は「きそ」と松川浦(福島県)の沖ですれ違った。
  2. 船は日付が変わるときに房総半島の南端より南にいた。
  3. 船は三原山の南側を通過した。
  4. 船はほとんどの場所で陸から10km以上離れて航行していた。
3.について、私は寝ていたので気づけないw
4.について、陸地のものを見るならば双眼鏡は必須だ。
何も考えず、3DビデオカメラDEV-30を持っていた私は運が良かった。

乗船する前にAC電源のコンセントがあるか気になったが、客室やパブリックスペースの至るところにコンセントはある。
電源についての心配は不要だ。
この電源のおかげで安心してGPSのログを全行程1秒単位で記録できた。

船はフィンスタビライザーを装備し、横揺れを軽減しているという。
確かに横揺れは感じなかった。
平衡感覚がわずかに狂う感覚はあったので、船は傾くこともあるようだ。
波がある海を進むので、縦揺れ(ピッチング)はある。
船尾に立って船首を見ると、船首は目測で5mほど上下するときがある。

船の設備は良く、船という限られた空間にいるとは思えないほどだ。
今回の旅に求めたのは優雅さだった。
いしかりでの船旅はそれを十分満たすものだった。
📁./Documents/ishikari.gpx
2015/10/04 22:25
タグ