とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚は彩の国黒豚(5回目)

4月中旬を過ぎて、冬の名残りのような寒さは失せた。
寒さを気にすることはなく、何かにとり憑かれたように夜道を進む。

とんかつ栄ちゃんに着く。
店は多くのお客さんで賑わい、人は外でも待つ。
腹が空かせて待つ。

店に入り、奥の席に一旦座り、そしてカウンター席へ誘導される。
カウンター席は常連さんで占める。
前にある常連さんから「とんかつ栄ちゃんは飲み屋のスタイルに近い」と言ったことを思い出す。
個人が経営するとんかつ屋さんで通常21:00までの営業時間は稀だろう。
確かにその常連さんが言ったことは正しく、カウンター席に座る常連さんの多くは酒とともにマスターとの会話と楽しむ。
各々に良い時間は流れる。

私のとんかつができあがり、食べる。
濃くも後味のすっきりするメリハリのついた味を堪能する。
今回の彩の国黒豚の脂身は特に良く香る。
このような脂身があると久しぶりにソースと食べたくなる。
ソースの酸味に脂身の甘みと香りが加わる…
旨い旨いとただ頭を垂れて、その旨みに集中する。

楽しい場で食べる旨い豚は大いなる喜びをもたらす。
すばらしい時間はこの豚のおかげでもある。
2,400円、今日もごちそうさまでした。

彩の国黒豚(2019/04/19)

歯ごたえ
やわらか←☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆→しっかり
メモ
すばらしい時間を演出
今日も先週お会いした常連さんに会い、貴重なお話を伺う。
話に夢中だった私はうるさかっただろう。
反省だ…
2019/04/19 22:10
タグ