とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚はTOKYO X

珍しくアルファベットを使うブランド豚で、昔から気になっていた。
複数の生産者からなる共同体が作る豚だ。
マスターは八王子で育てられたTOKYO Xを使ってとんかつを作る。

ワクワクして店へ向かい、ベンチに座って待つ。
すると秀ちゃんが店から出てくる。
秀ちゃんから水槽は冬場の方が水の減りが早いと聴いて驚く。
冬の乾燥はただ手を荒れさせるだけで済まず、思った以上に深刻だ…

次はマスターが店から出て来て、常連さんも合流して話を聴く。
開店してその流れをほぼそのままにして店に入る。
マスターは私たちに調理する前の肉を見せる。
サシが程良く入り、厚く載る脂身に心はときめく。

とんかつができあがり、配膳される。
食べる。

はじめて感じるなんとも不思議な歯ごたえだ。
歯ごたえにおいてこれほど食べやすい豚はない。
力を入れずとも歯を受け入れる。
筋繊維は尋常でなく稠密なようだ。

そして旨い。
赤身の濃い旨みと脂身が融けて放たれる脳をくすぐる気持ちの良い香りに私も幸せの世界へ放たれる。
食べやすい、もっと食べたくなる。

食べ終わっても常連さんとともにこの豚をべた褒めし続けるw
TOKYO Xのすばらしさを知ったが、もっと知りたい。
3,000円、今日もごちそうさまでした。

TOKYO X(2021/06/18)

歯ごたえ
やわらか←☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆→しっかり
メモ
幸せカタパルト
2021/06/18 20:50
タグ