とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚はレモンポーク(4回目)

店に入って席で落ち着く間もないうちにマスターに肉の断面を見せられる。
リブ側とその逆側もサシが入るが、リブ側のサシの具合が特にすばらしい。
サシが細かくて赤身が限りなく白いピンクに見える。
いつもは赤身と脂身をそれぞれを楽しむ目的でリブ側でない方を注文するが、今回はリブ側のサシの誘惑に負けたw

食べるとやはりこのサシが歯ごたえに大きく影響することに気づく。
赤身がとにかく柔らかい。
咀嚼により赤身の繊維が簡単にほどけて旨味を舌全体で感じる時間が早い。
脂身の良さは最近食べた豚に譲ると思うが、赤身のサシはこれを凌駕する。

今回はマスターのおもしろい試みがある。
レモンポークが育った愛媛県岩城島のレモンがとんかつに添えられている。

とんかつ+レモンに初挑戦する。
しかしレモンを強く絞ってしまい、レモン汁がとんかつの衣を濡らす。
失敗した…w
油泡を弾けさせる程度に軽く絞り、香りだけをつけるのが正解だろう。

このレモンは鋭すぎる酸味がなく、おとなしい。
マスターは「フルーツみたい」と言っていたが、その通りだと思う。
そのまま食べられる。
酸味で眉間にシワを寄せることもないw

純粋に肉の味を楽しむのもいいが、たまには味や香りの浮気もいい。
2,100円、今日もごちそうさまでした。

レモンポーク(2013/11/15)

歯ごたえ
やわらか←☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆→しっかり
メモ
サシがすばらしい。
2013/11/15 22:12
タグ