efWINGを撮る

今回の旅でもう1つやることは熊本電気鉄道にある。
それは川崎重工が開発した台車「efWING」を撮ることだ。

まず、藤崎宮前駅と黒髪町駅間にある併用軌道区間を訪れる。
列車はefWINGでない台車の6000形電車だ…
しかし併用軌道区間は珍しいので、この区間を走行する列車を撮る。藤崎宮前駅と黒髪町駅間にある併用軌道区間を走る熊本電気鉄道6000形電車(藤崎宮前行き)藤崎宮前駅と黒髪町駅間にある併用軌道区間を走る熊本電気鉄道6000形電車(御代志行き)
次の撮影スポットに移動しようとすると、この区間のそばに住むおじさんから声をかけられる。
ありがたいことにそのおじさんから様々な話を聞く。
  • 昔に比べて今の車両は重く、列車が通るたびに震度1の振動があるw
  • 終電後に無人で動いた列車が暴走し、藤崎宮前駅で追突した。直前に強い雨が降り、人はあまり外におらず、その他の被害はなかった。当時の終電は20時頃だった。
  • 併用軌道区間は砂利で、車がその砂利を跳ねてガラスを割ることがある。鉄道会社に改善を要望している。
次のスポットは坪井遊水公園だ。
列車で移動するはずだったが、道を間違えたので歩いて行くw
途中で01形電車に会う。
汚れにより他の台車と区別しにくいが、台車はefWINGだ。

この01形電車は上熊本駅と北熊本駅の間を往復しているようだ。
予定したスポットでefWINGを撮る。熊本電気鉄道01形電車のefWING台車(側面)時間は早く、逆光だw

撮ってすぐ移動し、打越駅から01形電車に乗る。
efWINGの乗り心地は従来の台車のそれと大差ないだろう。
しかし台車フレームがこの乗り心地に寄与することは賞賛に値する。

上熊本駅に着いた01形電車とefWINGを撮る。
熊本電気鉄道01形電車@上熊本駅熊本電気鉄道01形電車のefWING台車(側面の上側)
乗務員室のドアに貼られたefWINGのロゴも撮る。
efWINGのロゴ
2017/05/23 09:52
タグ