とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚は彩の国黒豚(9回目)

コロナ禍は今まで以上に自主性を意識させる。
生活を構成する個々の要素も然りだ。
開店と同時に入り、マスターの話を聴いてとんかつを待つ。
今の形態の維持は不退転の決意の表れだ。

そしてとんかつはできあがり、女将さんによりお盆が据えられる。
揚げたてのとんかつを目の前に期待が高まる。
食べる。

強い旨みにやられるw
目を閉じて"旨い"を存分に堪能する。
鮮明な旨みと軽やかな香りは揚げたてならではの贅沢だ。
ぶ厚い脂身を口の中で転がし、融ける様を楽しむ。
舌や頬にぷにぷにと当たる感触も良い。

野菜フライはサツマイモのフライだ。
十分に糖化された芋はまるでスイーツだ。

心を掴むほどの旨さは素材の良さと調理の技術で成り立つ。
そして素材の良さは動植物の育った環境による。
マスターをはじめ、真剣に向き合う方々がいるのだ。
2,400円、今日もごちそうさまでした。

彩の国黒豚(2020/06/12)

歯ごたえ
やわらか←☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆→しっかり
メモ
旨いは敬愛
2020/06/12 19:06
タグ