父と市場に行く

頼まれた買い物があると言う父に誘われた私は父と市場に行く。
自転車で行く父と入口で待ち合わせることにしたが、歩きで向かった私の方がわずかに早く着く。

年末で多くの人が訪れている。
父と場内の各店舗を巡るが、人が多くて買い物を切り上げる。
朝食をとるために蕎麦屋に入る。
父はざる蕎麦とカレーライスを、私は大盛りのざる蕎麦を注文する。
父はすでにそこの蕎麦を知っていて、固いんだぞと言う。
食べてその意味がわかる。
麺に私が好むコシがある。
うまい。

父は、なにかと機会を見て親戚に魚を送るが、この市場で魚を買って送っている。
そこで本題だ。
私は将来的に私はその役を負うのか?というのを確かめる。
父にそれを問うと、父はしなくていいと即答する。
私は安心するとともに、そうやって縁が切れていくんだなぁ…と寂しさも感じる。

朝食を終え、父は買い物を続ける。
私は帰る。
2022/12/29 10:08
生活について他にもなんか書いてます。
タグ