とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚は六白吉豚(4回目)

いつもの常連さんと一緒に開店の時間を待つ。
辺りが暗くなったと気づいたときに開店を迎える。
常連さんとともに座るが、会話を慎む。
私もマスターへ目で伝えようとするも、私に"目力"はないw
声を発せないことは難がある…
"慎む"を"いつもより抑える"と解釈して、必要最低限の会話にするように努める。

そしてとんかつができあがる。
食べる。

旨みが詰まる。
味の感じ方が独特で、まんべんなく舌で旨みを感じる。
まるで暖かいバニラのアイスクリームを食べているかのようだ。

脂身は香りが良い。
香りも頭の中で稠密に広がる。

旨さに夢中で食べる配分を誤り、ソースをつけて食べる前に食べ切る。
失敗した…
それほど旨いということだw

この豚もこの豚を作る方の人柄がわかる味だ。
実に丁寧に愛情をかけて育てている。
旨いはずだ。
2,480円、今日もごちそうさまでした。

六白吉豚(2021/01/15)

歯ごたえ
やわらか←☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆→しっかり
メモ
アイスクリームのホット(?)
待っているときに秀ちゃんから「おはようございます」とあいさつされる。
夜の部なのに「おはようございます」?と思うが、秀ちゃんによると、飲食業の関係者の間で出勤のあいさつは時間に関係なく「おはようございます」だという。
私も関係者だw
2021/01/15 21:12
タグ