超電導リニアが500km/hに達する時間を調べる

超電導リニアに乗車したが、撮影したビデオから列車が500km/hに達する時間を調べる。
しばらく一定の速度170km/hで走行したあとから加速したときを調べる。
タイムスタンプ速度起点からの距離
00:07:43170km/h40.10km
00:09:13500km/h32.02km
+00:01:30+330km/h-8.08km
8.08km走る間に170km/hから500km/hに達し、要した時間は1分30秒だ。
このときの加速度の平均は3.67km/h/sだ。
しかも加速度は速度域によらず一定だ。

JR東海の本社は名古屋市にある。
実験線は東西に延びるが、その起点は名古屋市側である西にある。
超電導リニアが開業すると起点は名古屋市だろうか?

2回目の走行に関するその他のデータ

発車したときの起点からの距離
42.57km
停車したときの起点からの距離
0.85km
移動距離
41.72km (参考: 京葉線 東京-蘇我間 43.0km)
所要時間
8分54秒
最高速度
502km/h = 139.44m/s
2018/11/03 22:46
タグ