とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚は藏尾ポーク(15回目)

暑さで体は怠いが藏尾ポークが待っていると思えば心は軽いw
暑いが風があることは幸いだ。
"心頭を滅却すれば火もまた涼し"だが、風が吹けば涼しく感じる。
開店し、店に入る。
マスターから調理する前の肉を見せていただく。
まるっこい肉に脂身が乗る。
そして会話に交じり、とんかつを待つ。

とんかつができて配膳される。
赤身を食べる。
豊かな旨みが口に広がる。
濃い旨みから存在感を残して爽やかに去る。

脂身はさらに感動だ。
菓子のような甘い香りに魅了される。
これはバームクーヘンの生まれ変わりだw

夏だろうが、旨いに季節は関係ない。
2,980円、今日もごちそうさまでした。

藏尾ポーク(2020/08/07)

歯ごたえ
やわらか←☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆→しっかり
メモ
バームクーヘンの生まれ変わり
2020/08/07 19:25
タグ