とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚は信州太郎ぽーく(8回目)

夜の空気は冷えるが、私の心はマスターのとんかつへ向かっているためホットだ。
店に入り、お気に入りの席に座る。
マスターと常連さんとの会話に耳を傾けてとんかつを待つ。
話は相撲の話にも及ぶ。
そしてとんかつはできあがり、配膳される。

食べる前に香りを楽しもうと、1切れを持ち上げて鼻に近づける。
すると予想もしない位置でナッツのような香りを感じる。
これだけで良い豚であることはわかるw

赤身を食べる。
恐ろしく柔らかい。
保水力が高く、旨みを存分に感じる。

食べる直前の香りを感じたように、脂身の良い香りは心地よい。
赤身の歯ごたえと相まって、夢の中で幸せな何かを食べているようだ。

シナノスイートのフライはアップルパイのようでうまいw
少ししなびた感じの果肉は甘く、衣の甘さも加わる。

マスターから「豚が変わったの、わかった?」と聞かれる。
確かに、肉の柔らかさは明らかに違う。
リーフレットも変更されている。
商標は「信州太郎ぽーく」だが、その名の由来からリーフレットは単に太郎ぽーくの名称も使う。

旨い豚を作ろうとする生産者のたゆまぬ努力はすばらしい。
2,300円、今日もごちそうさまでした。

信州太郎ぽーく(2019/01/18)

歯ごたえ
やわらか←☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆→しっかり
メモ
旨いへの探求心
"皆勤賞"にかかれた文字はドイツ語だ。
その中にある私が覚えていた単語Glücklichは「うれしい」という意味だ。
生きることはうれしいことだ。
2019/01/18 21:40
タグ