ASRock J5005-ITXで遊ぶ

J5005-ITXと前に買ったMB324SP-BとでRAIDを組みたくなるw
オンボードCPUでファンレスのJ5005-ITXをNASとして使う。

筐体はHP s3240jp/CTを流用する。
光学ドライブ用のフロント・カバーにある透明なバーは青色LEDに照らされてきれいに見えるが、このフロント・カバーはMB324SP-Bのトレイへのアクセスに向かない。
HDDを交換するときはフロント・カバーを外す必要がある。
よって電源を落とす必要がある。
電源を落とさずにHDDを交換できるフロント・カバーの自作はアリだ。

CentOS 7をインストールしたUSBメモリで起動する。
ソフトウェアでRAIDを組むことになるが、RAIDの構成に悩む。
初めにZFSのRAID-Z2で組む。
zpoolコマンドとzfsコマンドでRAIDは簡単に構成できる。

Dockerをインストールする。
Dockerが使うディレクトリ/var/lib/dockerはUSBメモリにある。
それをRAIDに移すが、Dockerはその一部でZFSに対応しないと言う。
この制限なしにDockerで遊びたい…

次にmdadmでRAIDを構成する。
ファイルシステムはXFSだ。
XFSはDockerの"制限"を受けない。

J5005-ITXでもっと遊べそうだw
2018/04/15 22:46
タグ