予定が狂う

京都鉄道博物館から京都駅に戻る。
近江中庄駅へ移動したいが、湖西線の列車が動いていないことを知る。
晴れているが台風からの風はまだ強く、通常ならば湖西線を行く特急は琵琶湖線を経由する。
私はどうする?!
風がおさまるまでの時間を稼ぐために米原駅に向かう。
JR西日本の列車運行情報を確認するが、運転の再開が15:00頃の見込みは変わらない。
予定を変更する。

米原駅に着く直前に鉄道総合技術研究所 風洞技術センターにある3両の試験車両を見る。
新幹線からも見えるが、そのために降りて見に行く機会はない。
よし、見に行こう♪
自由に乗り降りできる夏の関西1デイパスの効果は絶大だw

3両の高速試験車 @ 鉄道総合技術研究所 風洞技術センター JR東海の車両はリニア・鉄道館にある車両のもう1つの先頭車両だ。
JR東日本の車両はSTAR21の先頭車両だ。
JR西日本の車両は500系新幹線W1編成の先輩であるW0編成の先頭車両だ。

暑い。
足早に駅へ戻る途中で通過するN700Sを見る。
駅に着き、すでに入線していた新快速に乗り、終点の姫路へ向かう。
京都駅、新大阪駅を過ぎ、さらに西に進む。
新快速は揺れるが速い。
芦屋駅に到着すると雨が激しく降る。
路線内に飛来物があるという理由で7分ほど停車する。
駅を発車すると雨は止んで日が差す。

海が見える。
そして明石海峡大橋の雄大な姿が見える。

姫路駅に着く。
駅前から姫路城を撮影し、駅に戻る。
新快速に乗って新大阪駅に戻る。

新大阪駅に着き、駅の周りを散策する。
駅の外観を眺める。
少し縦長の文字で構成される"新大阪駅"の雰囲気は東海道新幹線が開業した時代を感じさせる。

のぞみ54号で東京駅へ戻る。
2020/09/07 19:43
タグ