とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚は信州太郎ぽーく(13回目)

おとといと似る。
秀ちゃんとマスターのお子さんとのキャッチボールを始め、私は2人の姿を見て楽しむ。
野球の経験者である秀ちゃんはボールを投げるモーションをレクチャーする。
力の伝達は体、肩、腕、手へと全身を使う。
確かに秀ちゃんはボールをしなやかに投げる。
暗くなるとボールの捕捉が困難になり、キャッチボールは終わる。

マスターのお子さんは家へ向かう。
まもなく最近ご一緒する常連さんが車でやってきて、2人で話しながら開店の時間を待つ。

開店する。
常連さんはここ3ヵ月ほどで好きな豚のリストをマスターに渡す。
女将さんは貴重なご意見をありがとうございますと返す。
豚を育てる方々と交流があるマスターが扱う豚はマスターが納得した豚だ。
どれもすばらしいが、最後は個人の好みと相性だ。

とんかつができあがり、食べる。
常連さんは食べた瞬間から賞賛するw
私も目を瞑って味を愛でる。
濃い旨みに揚げたての華やかな香りが乗る。
食べている感を強いが、非常に食べやすい。

脂が良い!
ふわっと融けて、ふわっと香る。
思わず目を見開いて驚くw

この時期ならではのシナノスイートのフライはとんかつに華を添える。
シナモンの香りのような気がするうまさを常連さんと分つ。
そんな中、テレビから緊急地震速報が流れる。
マスターは震源を気にしつつ、フライヤーの火力を冷静に制御する。
特に何もなかったことは幸いだ。

常連さんは「マスターの扱う豚は生産者の顔が見える」と言うが、そのとおりだ。
この豚の生産者は勢いがある。
2,480円、今日もごちそうさまでした。

信州太郎ぽーく(2020/12/18)

歯ごたえ
やわらか←☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆→しっかり
メモ
旨さに若さがみなぎる
2020/12/18 20:04
タグ