とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚はむさし麦豚(11回目)

店を夜遅くに伺う。
店はまだかと不安に思いながら夜道を急ぐ。
店の明かりがぼんやりと辺りを照らすのが見えると不安感は安心感へ変わる。
店に入ると秀ちゃんの誘導を受ける。
カウンター席が空くとそちらに誘導される。

そしてとんかつはできあがり、食べる。

頭の中を"?"が埋め尽くす。
何か起きたかわからぬまま1切れ目を食べ終わる。

頭の中を整理してから2切れ目を食べる。
赤身が想定外に柔らかい。
脳は1切れ目で対応できなかったw
赤身なのに歯ごたえはホイップした生クリームのようだw
これほど柔らかい赤身は初めてだ。
それ故に旨い肉汁はたやすくそして豊富にあふれ出る。

脂身はピュアだ。
赤身の味を邪魔せず、口の中で融ける様を楽しむ。

味噌「奏龍」と合わせてみると、もっと"?"が出てくるw
とんかつではない別のものを食べている感じだ。
まるで夢を見ているかのようだ…

マスターの攻めの姿勢は野菜フライでわかる。
ズッキーニのフライだ。
焼いて食べるよりみずみずしさが際立つ。
新たな発見に心は踊る。

赤身の味は私の好みでそれだけでもすばらしいが、赤身の柔らかさから受けた衝撃は強すぎたw
そしてズッキーニのフライは今後も出てくると思うとうれしい。
2,250円(とんかつ:2,200円+味噌:50円)、今日もごちそうさまでした。

むさし麦豚(2018/06/22)

歯ごたえ
やわらか←★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆→しっかり
メモ
想定外の柔らかい赤身
2018/06/22 22:49
タグ