とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚はつがる豚(7回目)

とんかつ栄ちゃんは31周年を迎えた。
その記念の週の限定とんかつの豚はつがる豚だ。
飲食業界はコロナ禍で苦境にあるが、1週間の自分へのご褒美として至極のとんかつを食べられるとんかつ栄ちゃんに感謝だ。
開店する前に常連さんとマスターとの話を聴く。
手術の話だが、体を大事にしていただきたい…

開店と同時に店に入り、マスターは調理する前の肉を見せる。
ぶ厚く乗る脂身に心は踊る。
マスターから脂身を削るかと問われるが、常連さんとともに全力で断るw

会話を極力しないようにしてとんかつを待つ。
そしてできあがり、配膳される。

この豚はこれほどの旨みがあったのか?!とすばらしく濃い旨味に驚く。
程良い力で歯を受け止めて噛みきれる歯ごたえで、食べ方が止まらないw
噛んだら噛んだで旨みが溢れるを繰り返す。

この豚は米を多く食べて育つ。
そのイメージから私はこの豚を"脂身推し"と思っていた。
軽やかに香り、良く融ける。
強力な赤身に加えて、脂身もすばらしいままだ。

久しくこの豚を食べていなかったが、凄い豚になって帰ってきたことはうれしい。
マスターは「つがる豚史上最高」と言うが、そのとおりだ。
2,200円、今日もごちそうさまでした。

つがる豚(2021/04/23)

歯ごたえ
やわらか←☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆→しっかり
メモ
脂身だけでなく赤身も推し
2021/04/23 20:27
タグ