とんかつ栄ちゃん、今回の限定とんかつの豚は大山ルビー

限定とんかつの勢いがつき始めたころ、この豚は登場した。
今も旨い豚で狂喜乱舞する私はこの豚でも大いに興奮した。
私はこのブログを数ヶ月で飽きると思っていたが、備忘録の役割として8年以上続く。
しかし大山ルビーの記録はなく、それ以前だった。
あれはいつの頃か…
先週の豚もそうだったが、同窓会に出席するかのように照れくさく感じる。

マスターから肉を見せていただく。
私の心を惹きつける白い脂身と赤身に入るサシに思わず「美しい」と声が出る。
うれしい再会だ。

コロナウイルスの影響は悪くなる一方で、秀ちゃんはフェイス・シールドを装着し、検温も実施する予定だと言う。
マスターが言うことを私なりに解釈すると、飲食業の使命は人の命を繋ぎ、安心と安全の場を提供することだ。
今まで飲食業は食中毒が戦う相手だったが、コロナウイルスもまた然りだ。
食中毒をその飲食業の使命を脅かすことと定義すれば、コロナウイルスも食中毒の原因だ。
マスターから絶対に食中毒を出してはならないという気迫を感じる。
食のプロフェッショナルの気概だ。

とんかつができあがり、秀ちゃんにより配膳される。
食べる。
懐かしさを感じる再会でなく、「お前、変わったなー」という感覚に近いw
テーブルに置かれたリーフレットに大山ルビーは大山赤ぶた(デュロック)とバークシャーを交配させた品種とある。
旨みがラッシュする。
脂身は融け方が良く、のびのびと深呼吸したくなるすばらしい香りだ。

この豚はソースにつけて化けるように変わる。
塩につければ赤身の旨みを引き出し、ソースにつければ別次元の旨みへ変わる。

魅力は、感じる側の私が変わればそれは変わり、相手が変わればまたそれは変わる。
昔に気づけなかった魅力か、私が知らぬ間に身につけた魅力か。
とにかく私に響く魅力のある豚だった。
2,350円、今日もごちそうさまでした。

大山ルビー

歯ごたえ
やわらか←☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆→しっかり
赤身の味わい
淡麗←☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆→濃厚
脂身の旨み
ほのかに←☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆→しっかり
メモ
惚れる
2020/07/10 19:15
タグ