とんかつ栄ちゃんの十勝ロイヤルマンガリッツアのメンチかつを食べる(2回目)

とんかつ栄ちゃん30周年でこのメンチかつも計画された。
お弁当を受け取るために心を踊らせて店に向かう。
店に着くと店から漂う脳をくすぐる揚げ物の香りが私の腹を空かせるw
女将さんに呼ばれて店に入り、お弁当を受け取る。
マスターも秀ちゃんも元気であることに安心して店を離れる。

家に着いてお弁当を広げる。
メンチかつを箸で持ち上げ、その断面を愛でる。
これはメンチでない!wと言わんばかりの肉の塊とその多さに怪しいほどの笑みをこぼす。
頃合いの暖かさで旨味をさらに感じられる。
食べればパラダイスだ。
赤身、脂身、野菜のうまみは私をこの世から開放する。

メンチかつ2玉分のパラダイスは私に活力を与える。
3,200円、今日もごちそうさまでした。
2020/04/29 18:47
タグ